朝日建設の「注文住宅ブログ」

☆畳の効果

今回は住まいの和である、畳のお話です・

 

 

 

 

 

夏の暑さを和らげ、冬は室内の暖かさを保つ、天然のエアコンの役割を果たす畳。

 

畳の材料となるい草の芯は、多孔質のスポンジ状になっており、たくさんの空気を

 

含んでおり、快適な空間をつくりだしているのです。

 

 

 

 

 

☆吸放湿性

   畳は吸水性が高く、畳一枚で約500ccの水を含むことだできると言われています。

   乾燥した日には、水分を放出し、湿度の高い日には、湿気を吸い取って空気中の

   湿度を保つ働きをします。

 

 

 

 

☆空気浄化

   空気中二酸化炭素やアレルギーの原因ともなるホルムアルデヒドなどを吸着して

   空気を浄化する働きがあります。

 

 

 

 

☆リラックス効果

   畳の香りには、鎮静効果があって精神をリラックスさせ、緑色は精神を安定させる

   作用があります。

 

 

 

 

 

 

DSC05486.JPG

当社施工実例:フチなし畳を採用しました♪

 

 

 

 

⇒ 朝日建設のホームページへ戻る

 

 

朝日建設のHP!

建築のトータルアドバイザー|朝日建設株式会社 リフォーム専門サイト|リフォームの朝日建設 高性能・省エネ|鉄筋コンクリート造戸建住宅 朝日建設の公式Facebookページ