☆りんごは冷蔵庫の嫌われ者?! |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆りんごは冷蔵庫の嫌われ者?!


    みなさま、こんにちは(^∇^*)/

    先日、みかんブログを書いた青木です
    【食べるだけじゃない!!みかん活用術!!】



    さて、秋から冬にかけてが旬の果物の一つに
    リンゴがございます



    海外でリンゴは「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」という
    ことわざになるほど健康にもたらす効果が優れているといわれています

    近年の研究では、
    ガン予防、喘息予防、心臓病・脳卒中予防、高血圧予防、
    整腸作用、アンチエイジング、むくみ・肥満予防、
    美肌効果、アレルギーの軽減、
    等・・・
    様々な効果があることが分かってきているそうです



    しかーーーし!!

    こんなにも健康に良いと言われているリンゴも
    りんごの保管を間違えると
    冷蔵庫が大変なことになってしまうんです!!


    girl_surprise.png
     

    と、言いますのは、りんごが呼吸して大量に出す

    「エチレンガス」という物質が
    野菜や果物の熟成を早め、痛めてしまうのです!!


     

    エチレンガスはりんご自身がを成熟させるために放ちます。

    これが周りの果物や野菜にも影響を与えてしまうのです
     

    熟成が進む腐敗に進むということですので、

    結果として周りの野菜や果物が傷んでしまいます。
     

    りんごを冷蔵庫に保存するときはエチレンガスが周りに飛ばないよう

    袋などに入れ、しっかりと口を閉めて密封することが大切です
     

    ちなみに、りんご以外にも

    メロンや桃、キウイ、アボカド、カット野菜からも

    このエチレンガスは発生しますので注意しておきましょう


    ただし!このエチレンガス。
    ものによってはメリットにも変わります

    たとえば、固いキウイ、青いバナナやトマトなどの未熟な果物
    りんごと一緒にしておくと、

    エチレンガスの影響で早く追熟が進んで食べ頃になります

    また、じゃがいもは一緒に置いておくことでエチレンガスで休眠状態になり

    発芽を抑えることができます!!
     

    りんごを冷蔵庫に入れるときは、このエチレンガスの効果を

    活用していくのがよさそうですね

    テーマ名 その他の話

    ページ作成日 2017-12-19