☆ラクに片付くための収納づくりを目指しましょう |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆ラクに片付くための収納づくりを目指しましょう


    皆さまこんにちは


    今日は暑いですねー
    外は雲一つない晴天で、気持ちの良い限りですが。。

    朝晩はまだ肌寒いですので、風邪を引かないように気をつけたいですね




    さてさて。
    今日は収納のお話をしようかと思います___

    ラクに片付くための収納づくり

    収納の本意は日々の暮らしをラクにするためのものです。
    キレイにしまうことにとらわれすぎては

    大切なのは、今の暮らしを自分自身でよく観察してみること


    これから注文住宅を建てるなら、
    まずは必要な持ち物を把握し、動線をチェックしてみましょう

    そうすることで、新居での暮らしに必要な収納が見えてくるはずです




    行動パターンと持ち物を把握しよう

    物の出し入れや片付けの際、無駄な動作や移動がないか、
    毎日の行動パターンを徹底的に見つめ直してみましょう。

    全部屋の荷物をチェックし必要な物を把握していれば、
    新居の収納スペースを考えるきっかけとなります


    新居の間取り図をもとに家族全員の動きを確認

    家族でもそれぞれの生活スタイルは異なるはずです。
    新居の間取り図ができたら図面上で、
    全員の1日の動きを具体的にシュミレーション。

    短い動線、少ない動作を把握すれば片付けやすい空間が決まるはずです


    つくりこみすぎず、可変性をもたせよう

    経年してもなお「片付く」家を維持するためには、
    一度こうと決めた収納ルールに固執しないことが大事です。

    収納の内容やボリュームに応じて棚の位置や数などを変えて、
    利便性を図るのが片付け維持のコツです


    何をどこで使うか、適材適所に分散させる

    大容量の1箇所集中収納スペースをつくっても、
    使い勝手が悪いと物をため込むだけの大きな箱と化すだけです・・。

    「なにをしまうか」ではなく、「なにをどこで使うか」で決めていきましょう




    日々あふれてしまう持ち物を上手にしまった
    居心地のよい新居を目指しましょう



    店舗併用住宅
    注文住宅プラン事例
    朝日建設のHP

    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2018-04-19