☆5月23日は亀の日。 |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆5月23日は亀の日。

    みなさま、こんにちは

    今日は、5月23日。
    何と『亀の日』らしいです

    家で亀を飼っている私には見逃せない日ですので、
    『亀の日』についてご紹介したいと思います(●^o^●)






    5月23日が亀の日になった理由は、
    2000年に、
    アメリカの非営利団体『American Tortoise Rescue』が、
    「亀に関心を向け、知識を深め、敬意を払い、
    亀の生存と繁栄の為の人間の行動を推奨する日』として、
    定めたらしいです。







    亀と言えば、、、
    『鶴は千年、亀は一万」っということわざがあります。
    このことわざの由来は、中国の仙人伝説からきているらしいです。





    中国の中で「仙人」は、
    「不老不死とされ、神様より強い力をもった存在」として、
    描かれている事もあり、
    その「仙人」のしもべが「鶴と亀」であり、
    そこから、「鶴と亀」は縁起物として考えられてきたらしいです。


    また日本でも、
    「鶴の恩返し」など、
    鶴は、めでたい鳥として認識があり、
    「浦島太郎」では、竜宮城へ案内してくれたのは亀。
    さらに、
    亀の甲羅の六角形が吉兆を示すという縁起の良さもあります。


    「鶴と亀」は、
    中国でも日本でも縁起の良いものの象徴
    なのですッ





    実際に、
    「鶴と亀」の寿命はどれくらいなのか、ご存知ですか?

    鶴は、約20年カラ30年。
    動物園で飼育した場合は50年以上も生きる事があるそうです。

    亀は、家で飼っているような亀であれば、約20年から30年
    ウミガメや陸ガメなどの大きい亀であれば、
    30年から50年ほど生きるそうです(・o・)!!!!


    ちなみに、世界で一番長生きのカメは、
    セーシェルセマルゾウガメという種類の、
    「ジョナサン」が183歳だそうですよ






    さらに、「ウサギとカメ」という物語で、
    亀がすごく歩くのが遅いと言われていますが、

    歩くのが遅いのは『陸ガメ』であり、
    水中で生活している亀は、陸ガメほどおそくないですよ(^-^)








    最後に・・・

    亀にも、色々な種類がいますが、
    よくお祭りや池などで見る、「ミドリガメ」と、
    呼べれている亀の本当の名前は、
    「ミシシッピアカミミガメ」なのですッ!!!





    以上!
    亀の日にちなんだ亀知識をご紹介致しました(@^^)/~~~


    戸建てHP
    戸建てブログ
    朝日建設HP
    社員ブログ

     

    テーマ名 その他の話

    ページ作成日 2018-05-23