☆避難勧告がでたら・・・ |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆避難勧告がでたら・・・

    みなさま、こんにちは


    西日本では、
    豪雨の影響でたくさんの被害を受けています。

    そこで、
    『避難勧告が発令されたときの身の守り方』を、
    ご紹介していきたいと思います





    *ハザードマップを確認

    ハザードマップとは、
    「被災想定区域や避難場所、
    避難経路などの防災関係施設の位置などを表示したマップ」です。




    事前に、避難経路や避難施設を確認しておきましょう。



    *土砂災害の予兆を確認

    ・崖から小石がパラパラと落ちてくる
    ・普段でないところから水が湧いている、
    普段湧いている水が止まる
    ・湧水が異常に濁っている
    ・石がボロボロと落ちてくる
    ・木の根が切れるような音がする
    ・斜面に亀裂が入っている  





    などの予兆が怒っているはずなので、確認して見ましょう。
    危険だと思ったところには、近づかないのが1番です。


    *避難する時の服装

    ・長袖、長ズボン、軍手等で肌の露出をさける
    ・火がつきやすい科学繊維は避ける
    ・履きなれた厚底の靴を履く、長靴は避ける




    また、移動中はマンホールや側溝などに気を付けましょう。


    *避難が困難な場合

    ・河川が増水すると思ったら、建物の2階以上に避難
    ・携帯電話で連絡が取れない場合は「公衆電話」で救助要請をする

    携帯電話より固定電話、公衆電話の方が位置を特定しやすく、
    また、災害時優先電話としてつながる可能性が高いのです。





    *車が冠水し車内にまで冠水してきた場合

    1、車を止めて、エンジンも停止させる
    2、脱出経路を考える
    3、脱出用のハンマーを用意しておく


    ・ハンマーが履く窓ガラスも開かない場合
    次第に車の中に水が入ってきますが、
    慌てずに、外との水位の差がなくなるのを待ちます。
    外の水位との差がなくなると、
    圧力の差が縮まる為、開く可能性が出て来るので、
    その時に、思いっきり力をこめて押し開けます





    最近では、
    気象庁がリアルタイムで更新している『アプリ』や『サイト』があります。
    そういったモノを活用して、
    災害から身を守って行きましょう(>_<)





    自然災害は、
    いつ・どんな時に起こるかわかりません。
    事前の知識、道具などを用意して、備えておきましょう。

    さらには、
    「ここは大丈夫」「私なら平気」という気持ちを持たずに、
    『避難勧告・避難指示が出たら、
    それにしたがって避難しましょう





    朝日建設HP
    戸建てHP
    戸建てブログ
     

    テーマ名 その他の話

    ページ作成日 2018-07-10