☆夏の夜寝るときのエアコンの使い方 |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆夏の夜寝るときのエアコンの使い方


    皆さまこんにちは


    毎日暑いですねー・・
    今日から夏休みに入った子供たちは、きっとウハウハなことでしょう。笑
    思う存分楽しんでください



    さてさて。
    毎日暑い日が続いており、エアコンが手放せないですよね・・

    とくに暑いと、夜は寝れない!これは本当に地獄ですし、
    最近では熱中症予防のためにも付けておくべきですよね。


    ここで今回は

    熱中症対策と安眠のためにはドライ除湿と冷房どちらにするべきか、
    タイマー利用での体や影響の違い、
    そして気になる電気代などをご紹介いたします

    関連画像

    除湿と冷房、どちらあ体に悪うなさそうか?ということでいくと、
    冷房はあからさまに「冷やす」というイメージがあるため、
    体に悪いという印象がありますが・・・。

    就寝時の時は、冷房をオススメします

    除湿にしておくと、冷房よりも温度を下げてしまうので
    就寝中は冷え過ぎになってしまいます

    また、クーラー病という言葉があるように、
    エアコンで体を冷やしすぎるとダルくなってしまう傾向が



    人間は就寝中には体温が下がりますので、
    温度設定は起きている時よりも少し高めにしておくと良いでしょう

    一般的に言われている温度設定は、27度や28度ですが、

    部屋の広さや材質・構造、また人それぞれの体質もありますから、
    日中よりも1~2度高めを意識してみると良いかもしれませんね

    また、エアコンの機能でだんだんと温度を上げていく
    「おやすみ設定」などがあれば利用するといいかもしれません





    お次はタイマー問題。

    付けっ放しにして、寝るのはちょっと・・・

    体もダルくなりそうだし、電気代も気になりますが、
    タイマーが切れると目が覚め、そしてまたスイッチをON

    結局、夜中に途中で目が覚めるので、熟睡できていないですよね。



    ただでさえ、夏は暑くて日中疲労しているのに、
    疲労回復のための睡眠が妨げられると、
    疲れをとることが出来ないということになってしまいます

    ですので、今の季節は付けっ放しにしておきましょう!

    こちらの方が、急激に温度を上げる必要がないので、
    電気代も安く済みますよ

    ただし、風が直接あたるのは良くないので、
    エアコンの羽の角度調整は必ず行いましょう!

    いくら熱中症予防とはいえ、体を冷やしてはいけませんから、
    布団やタオルケット、着るものでの調節も忘れずにしてくださいね


    ではでは、知らず知らずのうちに体が疲れているそこのアナタ・・。

    今宵はぐっすり眠れることを祈っております


    建て替えをご検討の方
    プラン事例
    朝日建設のHP

    テーマ名 その他の話

    ページ作成日 2018-07-21