☆男性も要注意!夏に潜む「冷房病」対策! |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆男性も要注意!夏に潜む「冷房病」対策!

    夏場は体調を崩しやすいもの。

    その原因の一つがエアコンによる冷房病です。

    冷えに敏感な女性は、真夏でも上着や膝掛けなど

    オフィスに用意している人も多いのですが、

    男性は自分が冷房病だと気づかず、
    何の対策もしていないケースがあります

    (弊社男性社員もなってると思います・・・(´-`;))


     

    エアコンの効いた室内と猛暑の屋外との繰り返しで
    自律神経がバランスを乱し、体がなかなか温まらず、汗をかきにくくなります。
    すると、疲労物質が体内にたまるため、だるさや疲れやすさ、の原因となるのです。
    また、血液の流れや心臓の動き、胃腸の働きなども乱れるため、
    全身にさまざまな症状が起きます。

     

    冷房病対策で大切なのは自律神経へのストレスを最小限にとどめること

    ということで、今からできる冷房病・冷え性対策をご紹介いたします。

     

    1.エアコンの設定温度の調整

    28℃を目安に調整しましょう。男性の多い職場では

    涼しさを求めるあまり温度を下げすぎてしまい職場全員が体調を崩すことも…。

    暑くも寒くもなく、温度が気にならないくらいの室温が理想です。

     

    2.服装で自衛

    エアコンの温度設定を変えられない場合は、

    上着や長袖、膝掛けなどを活用しましょう。

    それでも寒いという方には腹巻もオススメです。

    おなかを温めることで胃腸の障害や腰の冷えも防ぐことができます。

     

    3.足先を動かす

    足先は特に冷えを感じやすいので、足先の血流を良くすると

    自律神経にかかったストレスを和らげることができます。

    歩いたり、軽い屈伸をするだけでも足先の血流は改善するので、

    仕事の合間を見つけてまめに体を動かしましょう

     

    4.体を温める食材を食べる

    暑いからと言って冷たい食べ物や飲み物は

    とりすぎないようにしましょう。

    生姜やニンニク、唐辛子などは体を温める効果があるのでオススメです。

     

    5.湯船につかる

    ポイントはシャワーではなく湯船につかること。

    水圧により全身の血行が改善します。

    ふくらはぎをマッサージすると、さらなる効果が期待できます。

     

    自律神経をいたわり、夏バテにならないよう心掛けてみてください




     


     

    戸建HP

    戸建ブログ

    朝日建設HP

    テーマ名 その他の話

    ページ作成日 2018-08-07