☆オシャレな部屋づくりに必要な4つのコツ! |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆オシャレな部屋づくりに必要な4つのコツ!


    皆さまこんにちは


    お盆休みは今日が最終日…という方も多いことと思います。
    お休み中はしっかりとリフレッシュできましたか??

    また明日から頑張っていきましょーう





    さて。今回ブログはお家大好き人間の方へ向けての記事です。笑

    ドラマの主人公の部屋や、
    外国のインテリアなどに憧れることってありますよね

    しかし、日本の一般的な住居スタイルでは
    マネをしてもなかなか上手くイキマセン。

    なぜなら、天井の高さも部屋の広さも違うので、
    窮屈な印象」が先に出てしまうからです




    そこで今回は、居心地がよくなる
    「オシャレな部屋づくり」に必要な4つのコツをご紹介いたします


    使う色は合計3色まで!

    部屋の配色はフローリングの色を目安にベースカラーを決めて、
    アクセントカラーを2色までと決めます。

    例えば、深めの床色(ダーク系)なら、ウォールナット系の家具に
    黒やグレーをアクセントカラーに選ぶと全体がしまります

    特に、木材の色味は購入する店が異なると
    バラバラになりやすいので注意が必要ですね。




    テイストは素材と質感を統一する!

    明るい色が主流のナチュラル系や北欧系を目指すなら、
    天然素材の生地やカゴ・陶芸品が

    反対に、暗い色味のヴィンテージやモダン系は、
    スチールやアイアン、ガラスなどの無機質な素材、
    レザーやレンガなども相性が良いでしょう




    狭めの部屋は見えない収納でスッキリ!

    オープンラックのような見える収納は、色の点数が増えるために
    ごちゃごちゃした印象になります。
    しかも3割以上の余白を持たせないとサマになりません

    できるだけ物は隠してスッキリ見せた方がよいでしょう。

    こうならないように。笑




    家具は、面と高さを揃える!

    家具を配置する時は、
    凸凹をつくらないように面と高さを揃えることが重要。

    例えばチープなカラーボックスでも、
    同じ色とサイズで面と高さを揃えれば、部屋がスッキリとまとまります

    収納家具がないからと買い足すのではなく、
    物を減らす方がオシャレに見えたりするんです





    まずはどんなお部屋にしたいのか、
    イメージをしっかりとまとめてから、部屋づくりを楽しみましょう




    間取り例を見る
    お客様の声一覧
    朝日建設のHP

    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2018-08-19