☆カミナリ様におへそを取られる!その由来とは |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆カミナリ様におへそを取られる!その由来とは


    皆さまこんにちは


    昨日は台風で、各地大きな被害が出たようですね。
    記録的な大雨だったそうですよ・・・。

    まだまだ風が強く吹いているので、十分にお気を付けください





    今日はカミナリについてのお話です

    日本では、「雷=神鳴り(かみなり)」ともいわれ、
    神のおこしているものという名前の由来だそうです。

    確かに雷神様・・・カミナリの神様ですよね!


    また、雷光も「稲妻」「稲光」で米作、豊穣との関係性があります。
    (雷雨等の雨の恵みは稲作に欠かせないため)

    ここから落雷と植物の成長も研究され、
    「落雷があったところはキノコがよく育つ」という言い伝えから
    キノコで実験し、人工的な落雷(電流)で菌糸が切れると、
    より密集して収穫が増えるという成果もあるそうですよ



    カミナリというと、
    おへそをとられる」という迷信も有名ですよね


    夏の夕立、雷が鳴って大粒の雨が降ってくることもしばしば。
    空気も少しばかり、ひんやりと冷たくなります。

    暑くて薄着をしていた子供たちが夕立後も
    薄着でお腹を冷やさないように、お腹を壊さないようにと、
    大人たちが子供への戒め・しつけの意味で使われていた言葉のようです。

    「免疫力の低い子供たちが病気にならないように」との
    願いも込めて言われた言葉とのことで、昔の人の知恵ですよね



    ちなみに取ったおへそは、食べられてしまうそうです


    以上!
    カミナリにまつわるお話でした~

     

    テーマ別家づくり
    プラン事例
    朝日建設HP

    テーマ名 その他の話

    ページ作成日 2018-08-24