☆お水の中の種類。違いは何? |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆お水の中の種類。違いは何?

    みなさま、こんにちは

     

    暑い日は、水分をたくさん摂取します

    お茶・炭酸飲料・ジュース・・・

    たくさんの種類がありますが、どれも『水』が関係しておりますcool

     

    私たちが生きていく中で、

    もっとも大事といってもよい『水』ですが、

    水にも種類があります

     

    今回は、『水』についてご紹介していきます。


     

    【硬水と軟水】

    水の種類の中でも『硬水』『軟水』は、よく聞くと思います。

    その2つの違いをご存知ですか?

    2つの違い、それは『硬度』です。

    硬度とは、

    1リットル当たりに「カルシウムやマグネシウム」などがどれくらい含まれているかえ決まっており、

    120ミリグラム未満だと軟水

    120ミリグラム以上だと硬水と定められています。



     

    飲料にしたときの違いは、

    硬度が高い水ほど、「口当たりが重く苦味を感じる」と言われています。

    反対に低い水は「まろやかでさっぱりとした風味」と言われています

     

    日本の水道水や国産ミネラルウォーターのほとんどが「軟水」で、

    日本人には硬度の低い水が合うと言われているみたいです。
     

     

    【硬水の効果】

    *便秘解消につながる効果があります

    *お肉の臭みを消し、灰汁を出しやすくするため、洋風の煮込み料理に適しています

    *血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化予防に適しています。

    【軟水の効果】

    *繊細な味付けを魅力としている日本料理に適しています。

    *含有量が少ないため、おなかにやさしく、赤ちゃんや小さいお子様にも安心して与えることができます。

    *含有量が少ないため、髪・肌にも優しいです。
     

    硬水と軟水

    用途に合わせて、飲み分けると体の調子が良くなりそうですね(●^o^●)
     

     

    朝日建設HP

    戸建HP

    戸建ブログ

    テーマ名 その他の話

    ページ作成日 2018-08-27