☆消費税増税に向けて。マイホームの購入・建築はどうする? |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆消費税増税に向けて。マイホームの購入・建築はどうする?


    皆さまこんにちは


    10月も折り返し地点までやってきましたねー。
    そんな本日は、木造住宅の日だそうです

    朝日建設が建てる木造住宅は、地震に強く長持ちする家
    詳しくはこちらをチェック




    では本題に入ります。

    2014年4月に消費税が5%から8%に引き上げられたことは、
    まだ記憶に新しいところですが

    そして2019年10月迄には、
    10%に引き上げられる予定になっていますね

    今後予定通りに10%に増税した場合、
    マイホームを建設・購入予定者にはどんな影響が出てくるのでしょうか??
    「考える イラスト」の画像検索結果

    押さえておくべき2つのタイムリミット

    10%が適用される「引渡し」のタイムリミット

    8%の消費税で住宅を購入しようと思った場合、
    その期限は2019年9月30日となります。
    この日までに不動産の引渡しを受ける必要があるのです!

    不動産売買契約はすでに締結している場合でも、
    契約から決済までにある程度の期間がかかるため、
    これを逆算して住まい探しを始めることが重要となりますよ


    経過措置における請負契約のタイムリミット

    注文住宅を建てる場合は、完成時期が多少ずれ込むこともあります。
    そこで工事請負契約の締結時期が重要となるのです

    請負契約を2019年3月31日までに締結すれば、
    引渡しが2019年10月以降になっても、8%が適用される
    経過措置が講じられます




    消費税の増税は、購入や建築のタイミングを決める重要な判断材料の一つ。

    将来のライフプランを家族とよく話し合い、
    資金計画をしっかり立てることが大事になってきますね


    では!今回はこの辺で

     

    朝日建設の見学会情報

    賃貸経営をご検討の方へ

    注文住宅建設をお考えの方

    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2018-10-18