☆歴史から見る耐震の重要性 |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆歴史から見る耐震の重要性

    皆さまこんにちは

    昨日、2018年今年の漢字が発表されましたね
    今年は「」という文字。

    全国的に地震、豪雨、台風、猛暑などの自然災害の脅威を痛感した一年でした。
    来年は明るいポジティブな漢字が選ばれる一年になるといいですよね



    さて、本題に入りますが。
    今年は本当に地震やなどの災害が多かった一年でした・・。

    日本が地震大国ということは皆さんもご存知だと思いますが、
    改めて、日本の地震・建築から見る耐震の重要性について
    お話したいと思います

    こちらのページにもあるように、
    日本にはたくさんの地震が起こっており、建築基準法の制定や改正がされています。




    朝日建設が建てる住宅は、
    地震に強い「耐震最高等級3」の家づくりをしています

    建築基準法が想定する地震の1.5倍の地震を想定した基準で、
    阪神淡路大震災でも十分安全は耐震性です。

    耐震性に関しては国内最高等級になります




    そして、長持ちする家でもあります
    耐用年数の長い「劣化対策等級3」の家で、耐用年数75~90年!!




    さらには、安心と安全を提供する「制振装置」も付いています
    地震のエネルギーを40%~48%吸収してくれます!!




    ご自宅の建替えなどをお考えている方はぜひ!
    朝日建設の相模原モデルハウスへご見学にいらしてください

    住まいをワンランクアップさせる標準仕様も、
    実際に見て・触れてご体感いただければと思います(・∀・)




    12月見学会のお知らせ
    朝日建設HP

    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2018-12-13