☆神奈川県で住宅を建てる際のお得情報! |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆神奈川県で住宅を建てる際のお得情報!

    みなさま、こんにちは(^∇^*)/

    本日、2018年最後の相模原モデルハウス
    注文住宅相談会を開催いたしております!



    お気軽にご来場くださいませ

    【相模原モデルハウス】



    さて、神奈川県で住宅を建てる際、一定の条件を満たすと
    費用の一部を補助してもらえたり、有利なローンを利用することができます



    そこで今回は主な制度をご紹介いたします


    【相模原市】
    中央労働金庫の融資利用で相模原市が利子の一部を補助



    勤労者が市内に住宅を取得すると、借入資金の利子の一部を
    市が補給してくれます。借入先が中央労働金庫の神奈川県内の各支店で、
    返済期間が10年以上の方が対象。申請時に取得住宅に居住し、
    同一事業所への勤務が1年以上、または市民税を完納していることが条件。
    対象借入額は100万から600万円で、利用補給期間は2年以内。
    借入額と金利から算出した額と、実際に支払った利子額の2分の1
    のいずれか低い額が補給されます。

    相模原市 雇用政策サイト(詳しくはこちらへ)


    【川崎市】
    スマートハウスを建てると川崎市が補助金を交付




    川崎市で住宅に複数の省エネ機器等を組み合わせて導入すると
    「スマートハウス補助金」が受けられます。
    対象機器と補助金額は
    太陽発電システム・出力1kWあたり→2.5万円(上限8.7万円)、
    家庭用燃料電池システム(エネファーム)→3万円、
    定置用リチウムイオン蓄電池システム・容量1kWhあたり→1万円(上限10万円)、
    ビークル・トゥ・ホームシステム(V2H)→5万円、
    ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)→10万円、
    となっています。
    (2019年3月8日までの募集ですが予算枠に達し次第終了)

    川崎市環境局地球環境推進室(詳しくはこちらへ)


    【神奈川県】
    県産木材による住宅建築が10万から30万円の助成対象に



    主要構造材に「かながわブランド県産木材」を50%以上使用し、同木材や
    「産地認証かながわ県産木材」を合計5㎥以上使用して家を建てると
    使用量に応じて10万から30万円が助成されます。
    神奈川県建築安全協会に「まもりすまい保険」を申し込むか
    同協会または県・市(特定行政庁)の建築確認・完了調査を利用すること
    が条件となっています。
    設計者選定コンペ「住・緑・家(すみか)」を利用、県産木材を5㎥以上
    使用した人向けの助成制度もあります。

    一般財団法人 神奈川県建築安全協会 住宅課(詳しくはこちらへ)

    ご自宅の建築の際には、他にもオトクな制度がないか
    自治体等のホームページをご覧になってみてください

    戸建HP

    戸建ブログ

    朝日建設HP

    社員ブログ

    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2018-12-16