☆酒の部首が「酉」の理由 |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆酒の部首が「酉」の理由

    みなさま、こんにちは(^∇^*)/

    12月も後半に入り、忘年会もピークを迎えているかと思います。

    くれぐれもお体ご自愛くださいませ。笑


     

    宴席については好きな人、少し苦手な人などさまざまだと思いますが、

    神代の時代から、お酒は神様と人間をつなぐものとして日本に存在していました。

     

    さて、この酒という漢字。



    部首は「さんずい(シ)」ではなくの方なんですって!

    お酒はたいてい液体ですから、意味から考えても

    「さんずい」が部首であってもおかしくありません。

    どうして「酉」が部首なのか・・・


     

    この「」は「とりへん」や「ひよみのとり」という名前で呼ばれています。

    ということはなんとなく鳥と関係がありそうな気がしますが・・・




    「酉」がたまたま十二支で「とり」と読むからだけのこと
    なんだそうです

     

    では、この「酉」は、いったい何を表していたのか・・・

     

    お酒をいれる容器を表す象形文字だったのです!!


     

    そんなわけですから、「酉」が付く漢字は、
    お酒にまつわる意味を表すものが多いのです。
    「酌」「酔」は当然のこと。
    「酢」「酪」「酵」なども、お酒と同様に何かを人為的に醗酵させて作るものを
    表している、というわけです

    「酒」の部首を「酉」にしていることもうなずけることでしょう。
    お酒は水よりも濃いぃのです。

    「酒」の成立ちが分かったところで、
    みなさま、どうか飲みすぎには注意してお酒をお楽しみください
     

    戸建HP

    戸建ブログ

    朝日建設HP

    社員ブログ

    テーマ名 その他の話

    ページ作成日 2018-12-17