☆使える敷地が狭くなる?? |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆使える敷地が狭くなる??

    皆さまこんにちは(´∀`)

     

     

    今回はセットバックについてご説明いたしますsmiley

    セットバック・・・聞いたことありますでしょうか??

     

     

    一般的には道路と呼んでいますが、

    建築基準法では幅が4m以上ないと「道路」とは認められません。

     

    しかし、建築基準法が制定される前から幅4m以下の道路は存在したため、

    行政から指定を受けた場合には「道路」とみなす例外規定があるのです

     

    こういった道は、建築基準法台42条第2項で規定されていることから

    「二項道路」と呼ばれています

     

     

    こうした二項道路に接している敷地に

    建物を建てる場合には制限があります

     

    具体的には二項道路に接している敷地に建てる場合には

    道路からのセットバックが必要になり、

    これには状況に応じて二つのケースがあるのです。

     

     

    1.道路の反対側が宅地の場合

    ⇒道路の中心線から2mセットバック(後退)する必要があります。

     

     

    2.道路の反対側が崖・川・線路等の場合

    ⇒道路の幅から4mセットバック(後退)する必要があります。

     

     

    土地を買うときには、接している道路の幅員が

    4m以上あるかどうかを確認しないと、

    思わぬ建築制限がかかり、使える敷地が狭くなるなんてことも

     

     

    以上!

     

    次回の戸建ブログもお楽しみにー(´∀`∩)

     

    朝日建設のHP

    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2016-06-05