☆今すぐ出来る!家具や床の日焼けを防ぐ方法とは? |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆今すぐ出来る!家具や床の日焼けを防ぐ方法とは?

    みなさまこんにちは(^∇^*)/

    今日もジリジリと日差しが降り注いでますね。
    ここはひとつ、涼しくなれる写真を載せたいと思います。



    いかがでしょうか。
    少しは涼しくなりましたでしょうか。笑


    それにしても、暑い!!
    紫外線が降り注いでいるのが嫌でも分かりますね・・・
    焼けてしまうぅーーーーーーー



    女性は特に気になる日焼け

    お肌の日焼けも気になりますが、
    お部屋の家具の日焼けは大丈夫ですか??

    実はこの時期、人間だけでなく
    家具や床も同様に日焼けをします!!!

    目立つ影響としては「色褪せ」です。

    洗濯バサミなどが例にすると分かりやすいですね。
    長時間紫外線の下にさらされたプラスチック製品は色が変わったり、もろくなります。



    木製のものですと表面が割れたり、ささくれ立ったりします。
    最近はフローリングなどで無垢材のように素材をそのまま生かした材料
    にこだわる方も多いようですが、無加工のものほど環境の影響を受けるので
    注意しなければなりません!!

    そこで今回は日焼けを防ぐ方法をいくつか紹介したいと思います(・_・  )ゞ


    ①窓まわりを見直す



    遮光カーテンやUVカットカーテンなど日焼け防止機能が備わった
    カーテンを取り付けることで紫外線を防ぐことができます。
    また、ブラインドの場合は光の量を自分で調節ができるので
    羽を上に向けることも対策になるそうです。


    ②すだれ・グリーンカーテン


    窓の外、賃貸ならバルコニーやベランダ、戸建なら庭にすだれや
    グリーンカーテンを設置するのも効果があります。
    紫外線のブロックだけでなく、室内の温度の上昇を穏やかにしてくれるので
    一石二鳥です!!

    ③家具のレイアウトを変える



    家具が同じ場所に固定されている期間が長くなるほど、日があたっている場所と
    そうでない場所の差が大きくなり、色むらが目立ちやすくなります。
    ワックスを塗ったり、UVカットスプレーなどもありますが、家具や床との相性
    があるので、素人が行うのはハードルが少し高いようです。。。


    いかがでしたでしょうか?
    この夏はお肌同様にお部屋の日焼けも気にかけてみてください

    あさひの家づくり
    施工事例
    朝日建設のHP

    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2017-07-09