賃貸併用住宅とは|長期安定収入|東京・神奈川の注文住宅は朝日建設

東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら






近年、住居費は4分の1ほどだと言われています。
この住居費を抑える事が可能になるのが、賃貸併用住宅です。
自宅の一部を賃貸住宅として活用する事で家賃収入を得て、住宅ローンの返済を軽減していく事が出来るのです。

自宅に賃貸併用住宅をプラスし、二世帯住宅に建て替え、将来的には賃貸住宅として使用する事で、老後の収入にする事が可能に。
また、土地の可能性を最大限に活かせるのが賃貸併用住宅です。

賃貸マンション経営を行うと、毎月の賃料が発生し、その収入は長期的に安定します。地域性に左右されることもなく、景気の波に大きく影響されないのが特徴です。

賃貸マンション経営を行うと、土地や建物にかかる各種税金の税負担を軽減したり、所得税や住民税、さらに将来の相続税の税負担を軽減することが出来ます。(固定資産税・所得税・事業税・相続税など)

年金が不安の時代に、安定した収入が得られ、自己年金として老後の安心材料になります。

自宅を建てた場合は、住宅ローンがその支出となります。賃貸併用住宅により家賃収入を得る事で、この住宅ローンを軽減できます。もし住宅ローンのほとんどを家賃収入でまかなう事が出来れば、暮らしにゆとりが生まれます。

広すぎるなどの理由で建て替える場合、今の家族に必要な広さの住まいに自宅を設け、賃貸住宅をプラスする事で、最適な土地活用が可能です。

賃貸併用住宅には様々な建築プランがあります。
自宅と賃貸部分をどのように分けるかで、快適性も大きく変わります。