☆全国安全週間のスローガン「エイジフレンドリー職場」とは?|東京・神奈川の戸建て 注文住宅は朝日建設

ブログ

  • ☆全国安全週間のスローガン「エイジフレンドリー職場」とは?

    みなさま、こんにちは

    本日7月1日から『全国安全週間』です。
    今回のスローガンは、
    【エイジフレンドリー職場へ みんなで改善 リスク低減】
    だそうです。【⇒ 全国安全週間社員ブログを見る


    みなさま、「エイジフレンドリー」ってご存知ですか?
    私は知らなかったです・・・・・

    ですので、
    今回のブログは、
    エイジフレンドリーについてご紹介させていただきますッ




    エイジフレンドリーとは?
    age-friendly=エイジフレンドリー
    WHO(世界保健機関)や欧米の安全機関で、
    「高齢者の特性に考慮した」という意味で使われています。

    最近では、
    「エイジフレンドリーシティ」として、
    高齢者に優しい都市というコンセプトで、
    町を作っている地域もあるそうです



    では、
    今回のスローガンの「エイジフレンドリー職場」とは一体、
    どのような職場なのでしょうか?

    エイジフレンドリーガイドライン】という、
    ガイドラインが「厚生労働省のHP」からご覧になれます。
    そこで書かれている内容を、簡単に抜粋してご紹介

    *事業者に求められる事項*
    1.安全衛生管理体制の確立
    2.職場環境の改善
    3.高年齢労働者の健康や体力の状況の把握
    4.高年齢労働者の健康や体力の状況に応じた対応
    5.安全衛生教育

    *労働者に求められる事項*
    ・自己の健康を守るための努力の重要性を理解する
    ・自らの健康づくりに積極的に取り組む
    ・自らの身体機能の変化が労働災害リスクにつながる事を理解する


    近年、60歳以上の雇用数が増加しており、
    高年齢労働者の安全と健康の為に、
    このガイドラインが策定されたそうです。
    詳しくは【エイジフレンドリーガイドライン】をご覧くだしさい。


    エイジフレンドリーガイドラインを、
    双方がしっかりと理解し、
    労働災害を起こさないよう、
    安全・健康などに気を付けて仕事をしていく
    のが、
    エイジフレンドリー職場だと思います



    普段も安全第一でお仕事をされていると思いますが、
    今週の全国安全週間は、
    いつも以上に安全に気を付けて、お仕事をしていきましょう


    もちろん、コロナウイルス対策もしっかりとしていきましょう




     

    テーマ名 もろもろのお話

    ページ作成日 2020-07-01