地下のある木造注文住宅|相模原モデルハウス|耐震+制震&トリプル断熱&劣化等級3の高性能住宅|東京・神奈川の木造住宅なら朝日建設

建物の老朽化が進んでいる家
家族構成に変化があった時(二世帯住宅にした方がいい場合や、夫婦2人になった場合に平屋にするなど)
リフォームよりも建て替えた方が金額面で安く済む時
地盤や基礎に抜本的な対策が必要である
それぞれ家庭の生活スタイルに合わせた家づくりができるので、住みやすい家になる
地震に強い家・長持ちする家をつくることができる
ローンを組む場合、リフォームに比べて有利な融資条件を引き出しやすい
家族のライフスタイルが変化した時

子どもが結婚をして別世帯を持ったり、実家の両親と一緒に住むことになるなど、家族のライフスタイルの変化に合わせて住宅を建て替えることで、現在のライフスタイルに合った快適な住まいになります。

住まいの老朽化が気になり始めた時

柱や土台が劣化し本来の強度が維持できなくなってきたり、設備に不具合が出てくるなど住まいの老朽化が気になり始めた時は建替えをすることを考えるべきでしょう。 また、木造住宅は築約30年が建替えの目安になるタイミングだと言われています。

住まいの老朽化が気になり始めた時

柱や土台が劣化し本来の強度が維持できなくなってきたり、設備に不具合が出てくるなど住まいの老朽化が気になり始めた時は建替えをすることを考えるべきでしょう。 また、木造住宅は築約30年が建替えの目安になるタイミングだと言われています。

耐震性能を改善する必要性が出てきた時

1981年以前に建てられた住宅は旧耐震基準に沿って建てられており、大きな地震に耐えられない可能性があるため、耐震性能を改善する必要性があります。

建て替え時に発生する付属内容といえば「仮住まい」「引越し」「既存家屋の解体」「提携住宅ローン」など、多岐に渡ります。 これらを一つ一つ解決していくのはとても大変…
朝日建設では木造住宅・鉄筋コンクリート造住宅の二つのモデルハウスで見学会を開催中!

実際に設備や仕様を目で見て・手で触れて体感することで、建て替えする際のイメージも湧きやすく、また会場にはスタッフが常駐しているので、建て替えをする際の疑問や不安点などもお気軽にご相談いただけます!