最新の記事一覧 |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

朝日建設の注文住宅ブログ

  • ☆寒い地域の家の特徴

    2017-11-18

    みなさま、こんにちはsmiley
    1月も後半に入り、寒さが増してきました


    この季節、外が寒いのは当たり前なのですが、
    家の中が寒いのは、ちょっと、、、、、





    っという事で、
    今回のブログでは、
    【冬の時期に、寒い地域の家はどんな工夫がされているのか】
    ご紹介致します!!!



    【屋根】
    寒い地域の冬は、雪が降ります
    その為、昔は雪が落ちるような三角屋根が主流でした




    しかし、
    最近では隣の敷地に雪が落ちたり、
    つららが出来ると危険っという事があり、
    無落雪建築と呼ばれる平な屋根の家が増えました



    雪が降る地域には「三角屋根」って、
    ずっと思い込んでいましたが、違ったんですね。。。。(^_^;)


    【玄関】
    玄関周りをガラスで囲った、玄関フードを設置している家が多く見られます
    この空間は、
    風除室とも呼ばれており、「冷気や雪」が家の中に入り込むのを防いでくれます。



    これなら雪が家に入ってくることも少なく、
    普段でも、玄関に入る前にワンクッション置くことで、
    玄関が綺麗に保たれそうですね(*^^)v


    【窓】
    北海道の住宅には、殆ど雨戸がなく、
    ペアガラス(二重窓)が主流なのです。
    雨戸があると、冬は凍ってしまって開かなくなってしまうためです。

    最近では、
    空気層が、二層になっている『トリプルガラス』などを使用している窓もあります。
    太陽光を取り込み、熱を逃がさない効果を持っております。



    朝日建設でも使用している『二重サッシ』これも断熱効果は抜群ですッ


    【暖房】
    家の中での温度差が出ないように、
    『セントラルヒーリング』という方法が使われております。

    コレは、ボイラーで温水を作りパイプを通して、
    建物の各箇所に設置したパネルで家中を暖める方法です



    これがあれば、ヒートショックになりにくくなりそうです



    日本は、縦に長い国なので
    各地域によって、気候に合わせた特徴のある家になっておりますッ





    良い部分取り入れて、
    快適な注文住宅を建てましょう(●^o^●)


    朝日建設HP
    戸建てHP
    戸建てブログ


    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2017-11-18

  • ☆床暖房を取り入れてみてはいかがでしょうか

    2017-11-17

    皆さまこんにちは


    段々と寒さが厳しくなってきましたね・・
    足元のヒーターから離れられません・・笑


    今日は「床暖房」についてのお話をしようと思います



    「床暖房」という言葉は知っていても、

    実際に使ったことはなくてどのような設備なのかよく知らないという方も多いようです。
     

    ホットカーペットのように
    床を暖かくすることで足元の寒さを抑えられるもの」だと
    思われる方も多いかもしれません。


    しかし、
    床暖房は単に床に触れている足元だけを暖めるものではありません

    「暖房」と付いているとおり、
    床暖房はエアコンやファンヒーターなどと同様に
    部屋全体を暖める機能を持った設備なのです。


    暖められた床の熱が室内の壁や天井に反射することで
    部屋全体を暖める「輻射熱(ふくしゃねつ)」方式の暖房となるのですよ
     



    また、床暖房はエアコンなどのように温風を吹き付けることがないため、
    部屋の中にほこりやチリを舞い上がらせることがありません!

    また、燃焼をともなわない暖房なので空気がいつもキレイ。
    小さなお子さまのいるご家庭でも安心です。
    「床暖房 イラスト フリー」の画像検索結果

    そして、温風が吹き出すタイプの暖房機器とは異なり、
    肌や喉の粘膜の水分を奪うことがありません!

    冬のカサカサ乾燥肌対策にも床暖房は役立ちますよ

    空気を乾燥させすぎないことで、風や感染症の予防にもつながりますね。


    ぜひ!ご検討してみては??


     

    朝日建設へのお問い合わせはこちら

    戸建HP

    戸建ブログ


    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2017-11-17

  • ☆家が暖まらないのはなぜ?

    2017-11-16

    みなさま、こんにちは



    寒さが増してきた今日この頃。。。
    『暖房を入れているのに、全然温まらない!!!!!』

    なんてことありませんか?

    部屋が寒い⇒暖からない⇒温度を上げ⇒光熱費も上がる・・・・

    負の連鎖ですね(^_^;)


    熱がどこから逃げて行くのでしょうか???


    窓などの開口部・・・48%
    外壁・・・19%
    換気・・・17%
    床・・・10%
    屋根・・・6%  
     っとなっています(・o・)!


    やはり窓からが一番の逃げ道になっていますね。


    そこ今回は、
    なるべく熱が逃げないようにする為に、
    『窓・外壁・換気』から、
    「お部屋が冷えないようにする対策」をご紹介していきますッ





    【窓から熱が逃げない為には・・・?】

    『窓』は48%も熱が逃げてしまう原因になっています。


    窓への対策は、
    *窓の内側に断熱効果の高いスクリーンを取り付ける事
    *断熱性の高いエコガラスに交換
    *窓の内側に内窓を造り『二重窓』にする

    などの対策があげられます。

    窓へのリフォームを考えていない場合は、
    ・カーテンを長めに調節する
    ・窓際に、断熱ボードや段ボールを置く 
    ・窓際に暖房器具を置く

    などの方法もあります

    窓の対策を行う事で、だいぶお部屋の暖まり方が変わりそうですね






    【外壁から逃げる熱は・・・?】

    外壁から逃げる熱は、外部環境を強くする方法が1番です

    家全体をを断熱材で囲む事で、
    冬は、熱が逃げない家。
    夏は、冷気が逃げない家。っとなるわけですッ






    【換気から逃げる熱は・・・?】

    換気は、臭いやホコリなどだけではなく、
    結露やカビ・建材の腐食を防ぐなどの効果をもたらします!(^^)!

    なので、換気ができないと快適な家とは言えないのです。

    ですので、
    ある程度の熱の逃げは仕方ない。。。。


    しかし!

    窓・外壁・換気のバランスが、熱の逃げを最小限に防ぐ一番の方法です






    これについては、
    家を建てる前・リフォームする際に、専門家・担当の建設会社へ
    相談するのが1番、効率良い方法を教えてくれるでしょう(@^^)/



    いかがでしょう?
    熱が逃げない為に、様々な工夫をして今年の冬も快適にお過ごしください




    朝日建設HP
    戸建てHP
    戸建てブログ
     


    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2017-11-16