☆今年は絶対日焼けしたくない!! |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆今年は絶対日焼けしたくない!!


    みなさま、こんにちは!

    最近日差しが強くなってきましたね・・・
    日焼けの原因の紫外線は5月から8月が最も多いと言われています。

    季節によって量は変わりますが、
    紫外線は基本的に一年中降り注いでいるそうです


    日焼け対策のポイントをまとめましたので是非参考にしてみてくださいっ(*'▽')



    ①シーンに合った日焼け止めをこまめに塗る

    通勤や買い物などのちょっとしたお出かけにはSPF35・PA++程度、長時間のレジャーやスポーツにはSPF50・PA+++以上など、シーンに合わせて選びましょう!

    また、日焼け止めで大切なのは、
    SPF・PAの高低以上に2〜3時間毎のこまめな塗り直しです。
    汗や皮脂の影響で落ちる可能性があるので、定期的に塗り直すことが大切です
    使用量が極端に少ないと、塗り残しやムラに繋がります

    商品パッケージを確認して、必ず適量を顔全体に広げるようにしましょう!!


    ②UVパウダーを重ねる

    素肌にそのまま使用することはもちろん、日焼け止めやファンデーションの上に仕上げとして重ねることで肌を守り、さらさらの肌状態を長時間持続させてくれます

    さっと塗り重ねることができるので、メイク直しにも役立ちます


    ③紫外線が多い時間に出歩かない

    できるだけ、紫外線が多く降り注ぎ、日焼けしやすいといわれる時間帯の
    外出を避けることをおすすめします・・・
    一日の中で紫外線が強い時間帯は、午前10時~午後2時、だといわれています。
    この4時間で1日の全紫外線量の約50%が降り注ぎます(;^ω^)

    どうしてもこの時間帯に出歩かなければならない場合、肌の露出をできるだけ減らし、日陰を歩くようにしましょう。


    ④肌を露出しない

    紫外線を肌に直接当てないためには、衣類・小物を使用し、肌の露出を減らすことです。

    外出する際は黒のように色の濃い長袖を着用することがおすすめです。
    さらに、生地が厚く、目が詰まったものは、より紫外線を通しにくいとされています(・-・〆)

    しかし、こうした衣類は、真夏には熱中症などの恐れがあるため、気温などに応じて選ぶようにしましょう!!


    以上4点のポイントでした!!
    日焼けをなるべくしないで夏を過ごしたいですね(>_<)





    朝日建設の見学会情報
    朝日建設へのお問い合わせ
    朝日建設HP

    戸建HPへ戻る
     

    テーマ名 その他もろもろのお話

    ページ作成日 2019-05-10