☆狭小地・変形地・傾斜地や北向きの土地でも大丈夫!快適な家づくりのための土地の活用方法 |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆狭小地・変形地・傾斜地や北向きの土地でも大丈夫!快適な家づくりのための土地の活用方法

    皆さまこんにちは

    以前のブログで、
    家づくりにおいての賢い土地選び
    について、ご紹介いたしました(^ω^)

    やるぞう君

    今回はその続きで、敷地の活用法についてのブログです
    (2019春夏 SUUMO注文住宅 神奈川で建てるから記事を抜粋させていただきました)


    傾斜地
    ⇒眺めがよく、半地下も活かせる

    傾斜部分に半地下の居室やガレージを設けるなど、
    土地を有効活用することができます。

    例えば、崖地のようなところでも地盤がしっかりしていれば、
    高低差を活かして眺めがよく、通風・採光に優れた家
    つくれることもあります

    土地を見ただけでは心配という場合、
    建築会社にも土地を見てもらって、
    その土地を活かしたプランを提案してもらうと安心でしょう


    変形地
    ⇒個性的なフォルムの家がつくれる

    五角形や八角形の敷地に四角い建物を建てると、
    敷地の無駄が多くなると思われがちですが、
    敷地の形状を活かして個性的な外観・間取りができ、
    要所にウッドデッキや小さな庭を設けて
    デッドスペースを活用する手
    もあります


    北向き
    ⇒視線を気にしない間取りにできる

    北側に道路がある土地は、
    南側に隣家がくるため南道路の土地より避けられがち。

    しかし玄関を北側に設けることで、
    南側のリビングなど居室は玄関のスペースに邪魔されず、
    広く設けられます

    また、庭が道路から離れるので、
    落ち着いた空間にできるというメリットも。

    庭木を植えるなど視線を遮る工夫をすれば、快適な家にできるでしょう


    ご参考までに
     

    テーマ名 夢を叶えるオーダーメイド注文住宅

    ページ作成日 2019-06-14