ペット不可物件でペットを飼うのはリスクが大きい|東京・神奈川の戸建て 注文住宅は朝日建設

ブログ

TOPページ >
ブログ一覧 >
☆ペット不可物件でペットを飼うのはリスクが大きい
2019-09-25
賃貸管理部ログ

☆ペット不可物件でペットを飼うのはリスクが大きい

みなさま、こんにちは

今回ご紹介するのは、
『賃貸マンションペット不可物件』についてです。




『ペット不可』の理由は様々です。

【物件価格の下落防止】
ペットを飼った時についた「臭い」「傷」などで、
物件の価値を下げてしまう可能性があります。


【敷金の値段が上がる】
ペット可の物件では、
ペットを飼わない人に比べて、敷金が増額になる場合もあります。
退去の時綺麗に使っていればほとんどが戻ってくる敷金ですが、
入居者はできるだけ入居時の費用を削りたいと考えます。
入居時の金額が上がってしまうと、
入居する人が少なくなってしまいます。


【近隣住民とのトラブル防止】
糞尿の処理やごみ出しルールなど、
守らない人もいます。
その場合、
同じマンションに住み住民だけだはなく、
近隣の住宅からもクレームが来る可能性があります。






など、ほかにも様々な理由があるでしょう。。。。


では、
『ペット不可物件でペットを飼っていたらどうなるのか』

*ペットを手放さなければならない
*いきなり強制退去の通知が来る
*罰金を支払わなくてはならなくなる
 など


あまりにも大きなリスクを背負わなくはいけないのです(; ・`д・´)



それでもペットを飼いたいという方は、
ペットの種類を問わず事前に相談してください

ハムスターやウサギなど、
小動物なら飼っても良いとされる物件もあります
が、
そうでない物件もあります




トラブルを起こさないためにも、
事前に管理会社や大家さんに、
確認しておくことが大切です(*´▽`*)☆


朝日建設HP
戸建HP
社員ブログ