☆「コタツで寝ると風邪を引く」は本当でした! |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆「コタツで寝ると風邪を引く」は本当でした!

    皆さま( ノ゚Д゚)こんにちは


    今日は寒くないですね!
    マフラーなしで現場取材に行ってまいりました
    もう冬の寒さは十分に味わったので、さっさと春が来ればいいと思います(笑)​​​​ 

    まぁ、そうはいってもまだまだ冬本番!ではありますので、
    それに関連したブログ記事のご紹介です

    日本人が愛する伝統的暖房器具「コタツ」。
    暖房効率のいい高気密・高断熱の住宅が普及し、
    床暖房やエアコンのように室内全体を暖めるタイプの設備が
    当たり前になった今でも、コタツ人気には根強いものがあります

    布団でぬくぬく

    ですが一方、昔からコタツで寝ると風邪を引くという説。
    一度は誰でも耳にしたことあるはずです!

    実はコタツで寝ている時、体内ではヒートショックが起きているのです

    暖房の効いリビングから暖房のないトイレへ行ったときや、
    寒い脱衣所からお風呂で一気に温まったときなど、
    家の中の急激な温度差によって血圧が大きく変動し、
    失神につながったり血管が収縮されたりすることによって、
    心筋梗塞・脳梗塞などが引き起こされるあの現象です・・・・・。

    よって、コタツの場合、下半身と上半身の大きな温度差によって
    体の中である種のヒートショックが起きて免疫力が低下し、
    風邪にかかりやすくなるということが考えられます


    (あ、下の図は一応、コタツにミカンです。)


    コタツを使用中はエアコンやストーブを使わない家庭も多いため、
    室内は乾燥・寒冷環境下になり、
    インフルエンザウイルスなどが増殖・活動しやすくもなります
    (確かにそうですね)

    こんなうっかりコタツで寝てしまうとなると・・・恐ろしい。

    皆さまもコタツでのうっかり寝は十分に気をつけましょう
    どうしてもという場合は、湿度を50%~60%に保ち、十分な水分補給を


     

    テーマ名 もろもろのお話

    ページ作成日 2020-01-24