☆思いやりの距離「ソーシャル・ディスタンス」 |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆思いやりの距離「ソーシャル・ディスタンス」

    みなさま、こんにちは(^∇^*)/
    相模原はしとしと雨が降っております

    さて、4月8日に更新させていただきました、
    【もう一度確認しよう!感染を防ぐ為の対策法】




    この更新から1週間少々経ちましたが
    まだあまり感染者数の大幅な減少は出ていていないようです。

    街の外出している人の数は減った一方で、
    海外ではできていて、日本人にはあまり浸透していないものがあります。
    それは

    「ソーシャル・ディスタンス」です。

    日本語に訳すと「社会的距離」
    人と人の間に距離を設けること意味しています。

    レジに並んだり、エスカレーターに乗ったり、
    車に隣同士で乗ったり、
    子供を外で遊ばせている時に親同士でおしゃべりしたり、、、

    もし、自分が保菌者であったり
    相手が保菌者であった場合、
    せきやくしゃみなどによる飛沫感染を防ぐためには、
    2メートルの距離をとることが推奨されております。

    せっかく、人手が減ったとしても
    上記の例のような場面では
    結局意味がありません。

    では、日常生活での「2mの距離」がどのくらいかといいますと

    椅子 約4脚分


    傘 約2本半分

     
    となります。

    とにかく人との距離を「意識する」ことで
    自分も相手も守ることができます。

    是非、心がけていきましょう。

     

    テーマ名 もろもろのお話

    ページ作成日 2020-04-20