☆体温を効果的に下げて、あつ~い夏を乗り切ろう!!|東京・神奈川の戸建て 注文住宅は朝日建設

ブログ

  • ☆体温を効果的に下げて、あつ~い夏を乗り切ろう!!


    みなさま、こんにちは!!

    連日の暑さに早くもダウンしそうです(;'∀')
    簡単に体を冷やすことはできないものか・・・・・・

    と思い!ちょっとした工夫で体が感じる暑さを和らげる方法を調べました!!


    ポイント1

    ・首まわりや手首などを冷やす
    体の中を循環する血液を冷やしてあげることで、体温を下げることができます!

    冷却効果が高いのは、脈拍が取れるような皮膚が薄いところ
    手首ひじの内側ひざの裏側こめかみなど、血管と皮膚が近い部分を冷やすと、効率よくクールダウンできますよっ

    これは熱中症のときにも効果的です!!

    冷やし方は、保冷材をバンダナに包んで巻いたり、濡らしたタオルを当てるだけでもいいので、今すぐにでもできるので簡単です(´▽`*)



    ・部屋の空気を循環させる
    冷房の冷気は床に溜まりがちなので、扇風機やサーキュレーターを使って空気を循環させましょう

    室内の温度にムラがなくなり、体感温度が2~3℃下がるといわれています。
    また、冷房効率がよくなるので、節電にもつながります



    ポイント2

    ・夏野菜を食べる
    暑い時期に採れる夏野菜の多くはカリウムと水分を豊富に含み、
    利尿作用に優れているのが特徴で尿と一緒に体の熱も逃すため
    体温を効果的に下げてくれます!

    たとえば、スイカやナス、ゴーヤ、
    なかでもとくにカリウムが多いのはキュウリです。

    もちろんそのままでも十分効果はございますが、
    ピクルスにしていただくとさらに◎
    お酢の疲労回復効果もあって、夏バテ気味の方にはおすすめです(。-`ω-)



    ポイント3

    ・洋服の素材
    汗は、蒸発時に熱を奪って気化します。
    そのため、皮膚温度を下げたり、体温調整するには「発汗」が欠かせません!

    大切なのは、汗が蒸発しやすいアウターを着ることです

    袖口や襟元にゆとりのあるデザインなら、
    衣服の中に風が通って放熱しやすくなります|ω・)

    そして素材は通気性・吸湿性の高い麻がおすすめ

    肌に張りつきにくいので肌と服の間に風が通りやすく、なかでも亜麻でつくられたリネンと呼ばれる布製品は肌触りもよく人気があります。
    麻と同じく植物性繊維の綿や、さらっとした手触りのレーヨンも汗をしっかり吸収してくれるので、夏にはぴったりですよ(∩´∀`)∩



    3つのポイントをおさえて今年の夏はクーールに過ごしましょう笑


    それでは~
     

    テーマ名 もろもろのお話

    ページ作成日 2020-08-08