明日はハロウィン。でも本当は11月2日までハロウィン!|東京・神奈川の戸建て 注文住宅は朝日建設

ブログ

TOPページ >
ブログ一覧 >
☆明日はハロウィン。でも本当は11月2日までハロウィン!
2020-10-30
もろもろのお話

☆明日はハロウィン。でも本当は11月2日までハロウィン!

みなさま、こんにちは

遂に明日に迫ったハロウィン。
今年は新型コロナウイルス感染の危険性がある為、
例年のように集まって、
仮装したり、騒いだり、行進したり・・・・
出来ないハロウィンになってしまったと思います。



そんな中、
『リモート・バーチャル・お家ハロウィンを楽しむ』
という情報も聴いたことがあります

ですので、
改めてハロウィンについてご紹介させて頂こうと思います(*´▽`*)


現在は10月31日がハロウィンの日と定着していますが、
実は、『10月31から11月2日』までが正式な期間。
キリスト教ではこの期間に、
「この世に戻ってくる支社の魂を慰める行事」として、
行っています。
日本でいうとお盆にあたるのだと思います

『祖先の霊と一緒に悪霊も戻って来て、人間たちにいたずらをする』
とも言われており、
そのため、「怖いモノに仮装し悪霊を怖がらせて追い出す」という意味を含めて、
ハロウィンでは仮装するようになったのです。



ディズニー映画『リメンバーミー』は、
確か、ハロウィン時期の映画ではなかったでしょうか?違いましたっけ?

  



ハロウィンでよく見る『ジャック・オー・ランタン』
これは、カボチャを切り抜いて中にろうそくをともしているランタンです。

ジャックという悪人が、
『悪例をだました為、死んだあともランタンに火をともして、
闇夜をさまよい続けた』というお話が元になっており、
最初は「カブ」だったそうですが、
アメリカにハロウィンが伝わった時に「かぼちゃ」に変わったそうです。



最後に・・・
ハロウィンでは『トリッ・オア・トリート』と言ってお菓子をもらいますよね?
『Trick or Treat』 意味は『お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ』
ハロウィンと言えば「お菓子」ですが、
お菓子には「悪霊を追い払う」などの意味があるそうです。
『トリッ・オア・トリート』と言われて、
『ハッピーハロウィン』と答えてお菓子を渡してあげましょう




以上!
ハロウィンに関する知識をご紹介致しました
明日は休日の方もたくさんいらっしゃると思います!
素敵なハロウィンをお過ごしください