☆冷房と除湿どっちを使う? |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

ブログ

  • ☆冷房と除湿どっちを使う?

    みなさま、こんにちは

    暑いです。
    梅雨に入ると、暑くて、じめじめして最悪な状態になります。
    そんな時に、
    私たちのミカタになってくれるのが『エアコン』





    暑い日は冷房
    じめじめした日には除湿
    寒い日は暖房

    さすが、『エアコンディショナー』




    この時期になると迷うのが、
    「除湿」「冷房」
    じめじめした暑い日はどっちを使いますか?

    冷房は部屋の空気の「温度」を下げる
    除湿は出来るだけ「湿度」を下げる 機能です。




    「冷房」
    エアコンの機械の中で冷やした空気を、
    お部屋に送風することでお部屋の温度が下がる仕組み

    「除湿」
    エアコンが湿度の高い部屋の空気を吸い込み、
    熱を奪って空気の温度を下げます。
    すると、空気が冷えて含むことの出来る水分量が減り、
    空気中にいられなくなった水分が水滴として、外に出されるのです。



    実は、除湿にも種類があり「弱冷房除湿」「再熱除湿」があります。
    「弱冷房除湿」は、水分を集める為に温度を下げた空気をそのままお部屋に戻す
    「再熱除湿」は、下げた空気をちょうどいい温度に温め直してからお部屋戻す



    ここで気になるのが「電気代」
    基本的には除湿冷房再熱除湿となっているようです。
    ただ!!!
    今はたくさんのメーカーがたくさんの種類のエアコンを出しています。
    そのため、
    そのエアコンによっては除湿よりも冷房の方が省エネになる場合もあります!



    湿度が15パーセント減少すると、
    体感温度が1度下げることが出来ます。

    梅雨の時期は「除湿」を有効的に使って、
    快適な生活を過ごしましょう(。-`ω-)

    夏は暑いからやっぱり冷房じゃないとだめだと思います。笑

     

    テーマ名 もろもろのお話

    ページ作成日 2020-06-11