最新の記事一覧 |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

朝日建設の注文住宅ブログ

  • ☆今すぐ出来る!家具や床の日焼けを防ぐ方法とは?

    2017-07-09

    みなさまこんにちは(^∇^*)/

    今日もジリジリと日差しが降り注いでますね。
    ここはひとつ、涼しくなれる写真を載せたいと思います。



    いかがでしょうか。
    少しは涼しくなりましたでしょうか。笑


    それにしても、暑い!!
    紫外線が降り注いでいるのが嫌でも分かりますね・・・
    焼けてしまうぅーーーーーーー



    女性は特に気になる日焼け

    お肌の日焼けも気になりますが、
    お部屋の家具の日焼けは大丈夫ですか??

    実はこの時期、人間だけでなく
    家具や床も同様に日焼けをします!!!

    目立つ影響としては「色褪せ」です。

    洗濯バサミなどが例にすると分かりやすいですね。
    長時間紫外線の下にさらされたプラスチック製品は色が変わったり、もろくなります。



    木製のものですと表面が割れたり、ささくれ立ったりします。
    最近はフローリングなどで無垢材のように素材をそのまま生かした材料
    にこだわる方も多いようですが、無加工のものほど環境の影響を受けるので
    注意しなければなりません!!

    そこで今回は日焼けを防ぐ方法をいくつか紹介したいと思います(・_・  )ゞ


    ①窓まわりを見直す



    遮光カーテンやUVカットカーテンなど日焼け防止機能が備わった
    カーテンを取り付けることで紫外線を防ぐことができます。
    また、ブラインドの場合は光の量を自分で調節ができるので
    羽を上に向けることも対策になるそうです。


    ②すだれ・グリーンカーテン


    窓の外、賃貸ならバルコニーやベランダ、戸建なら庭にすだれや
    グリーンカーテンを設置するのも効果があります。
    紫外線のブロックだけでなく、室内の温度の上昇を穏やかにしてくれるので
    一石二鳥です!!

    ③家具のレイアウトを変える



    家具が同じ場所に固定されている期間が長くなるほど、日があたっている場所と
    そうでない場所の差が大きくなり、色むらが目立ちやすくなります。
    ワックスを塗ったり、UVカットスプレーなどもありますが、家具や床との相性
    があるので、素人が行うのはハードルが少し高いようです。。。


    いかがでしたでしょうか?
    この夏はお肌同様にお部屋の日焼けも気にかけてみてください

    あさひの家づくり
    施工事例
    朝日建設のHP


    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2017-07-09

  • ☆注文住宅の標準仕様

    2017-07-09

    みなさん、こんにちは!!
    今日も暑くなりましたよ30度超え連発ですね。
    梅雨明けんちゃうかぁ!?というくらいのお天気です


    今日は15時からSC相模原の試合がギオンスであります。
    モデルハウス常駐の為、応援には行けませんがダゾーンで
    応援が出来ればと思っております!!


    トレーニングウェアの胸にやるぞう君がおりますので
    是非、見つけてみてください。安永監督の胸のあたり、チェックです



    さて、今回は戸建のお話を少し。。
    朝日建設の注文住宅の標準仕様。
    この様な資料でも見て頂いております。

    ※画面をクリックすると大きくご覧いただけます。

    ホームページやモデルハウスでもご確認ができます。
    建てる会社で「性能仕様」も違いますので、ここの所は押さえておきたい
    ポイントですね。


    朝日建設の標準仕様
    モデルハウス(木造)(地下室)
    モデルハウス(RC造)(屋上)
    耐震+制震の朝日建設の注文住宅
    モデルハウス見学予約


     


    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2017-07-09

  • ☆快適な家をつくるには

    2017-07-08

    皆さまこんにちは。


    梅雨が明けたのでは?というほど連日の暑さ、そして日差し
    晴れに越したことはないですが、暑いとやる気・集中力が続きませんよね~・・

    水分補給と休息をコマメに行なって、今日も頑張りましょう





    さて。
    快適な家をつくるにあたって、大事なこと。

    もちろん、間取!なんですが、
    間取図だけでは見落としがち、そして軽視されてしまいがちの箇所、、

    それはコンセントの位置や数なんです
    「コンセント イラスト」の画像検索結果


    お部屋のプランと違って、そんなにこだわる必要もないのでは?
    と思いがちですが、
    実際には暮らしやすさに大きく影響するポイントなので注意が必要です




    実際に電化製品を使うシーンをイメージし、適切な位置と数を考えましょう。


    さらに、音や視線の問題

    音・視線・ニオイ・暑さ・寒さなどこちらも見落としポイントです

    くつろぎたい場所に音が、外からの視線が、料理のニオイが、、、


    また、動線にも注意が必要です!
    例えば、客間と寝室が近くてお互い近づけない、
    客間からはリビングを通らないとトイレに行けない・・・など、
    プライバシーを守れる動線の配慮もしたいところですね




    最後に、収納場所。
    使う場所にしまう」が収納のキホンのようです

    外で使うものは玄関に、キッチン小物はシンク近くに・・・
    など、使ったあとにすぐ片付けられるため、散らかりにくくなりますよね

    今は広い玄関収納が人気で、
    靴や傘はもちろん、コート類・ベビーカー・ガーデニング用品など
    1箇所にしまえるように設計するのもいいですね



    ご参考までに。



    あさひの家づくり
    施工事例
    朝日建設のHP


    テーマ名 戸建住宅の話

    ページ作成日 2017-07-08