最新の記事一覧 |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

朝日建設の注文住宅ブログ

  • ☆窓の掃除に使うモノ

    2016-10-20

    みなさま、こんにちは

     

    今回の戸建ブログは、

    『窓・サッシの掃除のコツ!!!」をご紹介致します(@`▽´@)/ 

     

     

    窓やサッシの掃除は意外と手間がかかります。

    サッシはうまく掃除できないし、

    窓は、ただ水拭きするだけだと、あとが残るし、、、、、

     

     

     

     

     

    ☆★用意するもの★☆

    ・新聞紙

     

     

     

    だけです!!!!!笑

     

     

    まずは、

    1枚の新聞紙を、4分の1程度に折りたたんで、

    水にひたひたに浸します

    そこからさらに、4分の1に折りたたみます。

     

     

    拭き方は、

    新聞紙を握った時に出来る、くしゃくしゃな面を窓にあってて拭きます。

    新聞紙が汚れたり、破れた場合は拭いている面を変えて拭いていってください。

     

     

    窓やサッシの角は、新聞紙の角を使って拭くと綺麗に拭けますよぉーーー

     

    これだけで、窓・サッシが綺麗になりますッ(*・・)

     

     

     

    なぜ、綺麗になるのかと言いますと、、、、、

     

    新聞紙のインクには油が含まれているので、

    この油が窓・サッシの汚れを分解してくれるからですッ!!!

     

     

     

    是非、窓やサッシのお掃除を行う時に、

    使ってみてください ( *゚ロ゚)ハ ⊂☆===≡≡≡)))☆

     

     

     

    朝日建設HP

    戸建HP

    戸建ブログ

     


    テーマ名 その他の話

    ページ作成日 2016-10-20

  • ☆もうすぐ

    2016-10-20

     

    みなさま、こんにちは(^∇^*)/

     

    10月も後半に入りましたね♪

    10月のイベントといえばやっぱり、

     

     

    その経済効果は、クリスマスに次ぐ勢い。

    バレンタインよりも経済効果が大きいそうです。

     

     

    日本でハロウィンが定着し始めたのは

    1997年ごろから。

    渋谷で大規模に人が集まるようになったのは

    2010年頃からだそうです。

    日本で普及し始めたのは結構最近なんですね

     

    弊社でも、建築相談会、現場見学会に来場された方に向け

    お菓子をご用意いたしました コチラ

     

     

     

    ですが、もともとは海外からきたこの「ハロウィン」

    そもそもハロウィンとはなんなのでしょうか?

     

     

     

    ハロウィンはもともとヨーロッパを起源とする民族行事

    秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭りなのだそう

     

     

    日本の神社で行われる「秋祭り」のようなものだったのですね

     

     

    1年の終わり(日本でいう大晦日)とされる10月31日は

    亡くなった人の魂がこの世に帰ってくる日とされているそう。

    しかし、同時に「魔物」やってくる日ともされていて、

    魔物に魂を取られないように

    人間は魔物の格好をしてこれを防ぐのだそうです

     

     

    日本でいう大晦日のようで、お盆のような要素を持っているんですね

     

     

    仮装した子供たちが街中を歩き「Trick or Treat!」

    と近所の家からお菓子をもらう由来は、

    中世で、お祭り用の食料をもらって歩いていた農民の子供を

    まねたものなんだそうです

     

     

     

     

    また、かぼちゃのお化け「Jack-o'-Lantern」

    その昔、

    アイルランドにジャックという

    酔っ払いの悪人がいたそうです。

    彼は死後、天国から追い出され、

    悪魔にも嫌われて地獄からも締め出されました。

    行き場を見失ったジャックの魂は

    この世とあの世の狭間をさまようことに・・・

    暗いその道を照らすために「カブ」をくりぬいた

    ランタンを作ったそうです。

     

    この話がアメリカに伝わると

    アメリカではカブに親しみがなかったため

    かぼちゃでこのランタンが作られ一般化したそうです

     

    日本でも海外でも、

    最近は仮装(コスプレ?)が定番になりつつありますね。

     

     

    東京の繁華街などに大勢が集まるような

    日本の独特のハロウィンは海外からも注目されているようです

    今年も去年のような賑わいが予想されていますね(笑)

    より一層パワーが増すのでしょうか・・・

     

     

    みなさまは、どのようなハロウィンを過ごされますか?

     

    戸建HP

    戸建ブログ

    朝日建設HP


    テーマ名 その他の話

    ページ作成日 2016-10-20

  • ☆秋の七草

    2016-10-18

     

    みなさまこんにちは(^∇^*)/

     

    昨日までの肌寒さが嘘のように

    あたたかいですね

    心地よい気温が眠気を誘います・・・

     

    さて、みなさま「秋の七草」というものがあるのはご存知ですか?

    「春の七草」は御粥にして食べることで有名ですよね

    ですが、秋にも七草があるそうです

     

    秋の七草は、食べるのではなく鑑賞

    寒い冬を前に力強く咲かせる花を愛でる風習が

    古くは奈良時代からあるのだそうです

     

    その七つが

     桔梗  藤袴 女郎花 尾花 撫子

    ハギ キキョウ クズ フジバカマ オミナシエ オバナ ナデシコ

     

     

     萩 

    垂れ下がり、紫紅色の小さな花をつけます。

    奈良時代には、恋文を萩の枝に結び付けて交換していたそうです

    萩の花言葉は、「前向きな恋」「思案」「内気」など

     

     

     桔梗 

    お城の部屋にも桔梗の間と名付けたりと、

    日本で古くから愛されてきた花の一つである桔梗

    桔梗の花言葉は、「永遠の愛」「誠実」「変わらぬ愛」

     

     

      

    秋の七草の中で、唯一食べることができるのが葛。

    葛きりが馴染みがあるのではないでしょうか

    葛の花言葉は、「芯の強さ」「恋の溜息」「努力」

     

     

     藤袴 

    小さな花が群れるように咲く藤袴。

    一気に咲かず、一つ一つ順番に咲いていそうです

    藤袴の花言葉は「躊躇」「あの日の事を思い出す」

     

     

     女郎花 

    「美人も圧倒する美しさ」という意味から名づけられたそうです。

    女郎花の仲間には、「男郎花」(オトコエシ)という花があり、

    女郎花によく似た白い花を咲かせるそうです

    女郎花の花言葉は、「美人」「はかない恋」「親切」

     

     

     尾花 

    尾花とはススキのこと。

    動物の尻尾に似ていることから「尾花」と呼ばれるようになったそうです。

    尾花の花言葉は、「活力」「心が通じる」

     

     

     撫子 

    花姿が「撫でたくなるほどの可愛らしい花」

    ということから名づけられたそうです。

    撫子の花言葉は「大胆」「純愛」「貞節」

     

     

    せかっくですから、芸術の秋に

    お部屋に飾ってみてはいかがでしょうか

     

     

    戸建HP

    戸建ブログ

    朝日建設HP

     


    テーマ名 その他の話

    ページ作成日 2016-10-18