最新の記事一覧 |東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社


東京・神奈川の注文住宅なら朝日建設株式会社
朝日建設株式会社へようこそ
  • お電話はこちら

朝日建設☆やるぞう君のチームASAHIブログ

  • ☆相模原ショールームのリニューアル工事が始まりました!

    2019-05-13

    みなさま、こんにちは!!

    今日は夜から雨が降るみたいですね・・・
    冷え込みそう(;^ω^)

    最近暑くて半袖短パンで寝てるのでお腹が冷えないようにしないと・・・
    風邪ひくのは嫌ですもんね


    ではでは、本題です!
    本日から相模原ショールームにあるモデルルームのリニューアル工事が始まりました

    工事の様子を短い間ですがご紹介をしたいと思います(*'▽')



    工事初日はもともと貼ってあったクロスを剥がし、
    新たに石膏ボード(内装用下地材)を貼っていました!!



    石膏ボードはその場で職人さんが長さを測り、カッターで傷を入れ折るようにして加工していき折った部分はやすりで綺麗にしてから壁に貼り付けていきます





    ホチキスのようなもので打ち付けていきます(*‘ω‘ *)



    この石膏ボードの上から新しいクロスが貼られますよ
    仕上がりが楽しみです

    今回はここまでっ
    次回もお楽しみにー(≧▽≦)

    他の現場日記も是非読んでみてくださいね☆


    賃貸経営をお考えの方

    朝日建設の見学会情報
    朝日建設へのお問い合わせ

    朝日建設HP

    戸建HPへ戻る
     


    テーマ名 チームASAHIの出来事・お知らせ

    ページ作成日 2019-05-13

  • ☆やっておいた方がいい!エアコンのメンテナンス

    2019-05-13

    皆さまこんにちは

    GW明けで、そろそろ体は元に戻ってきましたでしょうか?
    なんだか気分がすぐれない・・・なんてのは五月病ですからね
    無理をせず自分のペースでがんばりましょーう。


    では!社員ブログの更新です

    すっかり暖かくなって、過ごしやすい今日この頃。

    そんな春先からやっておいた方がよい、
    エアコンのメンテナンス方法をご紹介いたします

    エアコン(室内機)から異臭がする場合の対応

    冷房運転や除湿運転停止後にエアコン内部を乾燥させる
    内部クリーン機能」の場合、この機能で異臭を抑える運転ができるので、
    基本的にお任せすれば問題ないとのこと

    内部クリーン機能が付いていない場合には、下記の順でやってみてください

    1.冷房運転を「強」で行い、水滴をたくさんつけて
      熱交換器(室内機の部分)を洗い、外に汚れを流す

    2.送風運転で乾かしてあげることで異臭対策ができる


    故障の原因とその対処法

    故障の原因は、温度が上がることによって放熱がしづらくなり、
    そこから故障が起こる場合が多いのですが、
    素人が故障箇所を修理するのは難しいですよね・・・

    ですので、できることとしては。
    室外機を置く場所に注意することです!

    直射日光を浴びやすい方角に置かないということが重要ですが、
    避けられない場合は、よしずなどで直射を遮るとよいでしょう

    室外機の周りは開放が基本のようです

    あとはフィルターの掃除をこまめにすることをオススメします!!

    ホコリがたまってしまうと、
    どうしてもエアコン本体の運転負荷が高まってしまい、
    電気代が高くなる場合があります

    電気代を下げる意味でも、日頃から掃除をしておきましょう

    ではでは
    またの更新をおたのしみに(・∀・)

     


    テーマ名 その他もろもろのお話

    ページ作成日 2019-05-13

  • ☆買った土地に建てられる家の大きさについて

    2019-05-12

    皆さまこんにちは(^∇^*)/

     

    外でツバメが飛んでいました。

    もうそんな時期なのですね。

    巣作り、子育て頑張れー!!

     

    さて、ツバメは軒下など自由に家をつくることができますが

    人はそうもいきません。

    自分で購入した土地だとしても自由に建物を建てていいわけではなく、

    建築基準法や都市計画法などの法律を守らなければならないのです。

     

    まず、大前提となる家の広さについて。

    2つの制限があります。

     

    1つは建ぺい率


     

    敷地面積に対する建築面積(建坪)の割合のことです。

    地域により敷地の何%までと決められていて、低層住宅の多い地域ほど、

    環境を守るため、制限が厳しくなっています

     

    もう1つは容積率


     

    敷地面積に対する、延べ床面積の割合のことです。

    延べ床面積は各階の面積の合計です。

    こちらも地域ごとに割合が決められていて、

    建ぺい率と合わせて住宅の面積の制限がこれで決まります


     

    例えば、敷地面積が100平米で建ぺい率が50%、容積率が100%の地域の場合は

    建築面積(建坪)は50平米、延床面積は100平米となります。

     

    また、住環境を守るため、高さなどにも制限が設けられ

    地域や敷地周辺状況により制限が異なってきます。

    ですので、土地の購入を検討する際はまず建設会社に一緒に見てもらうことが

    一番安心です
     


     

    ちなみに、朝日建設では
    このようなご相談は無料で行っておりますので

    お気軽にお問い合わせください

    お問い合わせ方法は2つ!!

    ネットからのお問い合わせはコチラ
    お電話でのお問い合わせは 0120-18-0955


     


    テーマ名 その他もろもろのお話

    ページ作成日 2019-05-12